泊まり込みOKなペットシッターってどのくらいあるの?

泊まり込みOKなペットシッターって、なかなか見つからなくないですか?

ペットシッターのポータルサイトや各社のホームページをチェックしても、「泊まり込みOK」「一晩中」「オールナイト」といった類の料金プランは見当たりません。
また、「時間外対応可」の場合は、確認が必要です。

泊まり込みOKなペットシッターはどのくらいあるのか?
残念ながらその具体的な数字まではハッキリしませんが、このような現状を考えれば、数は相当少ない事実が浮かび上がります。

そんな中で、泊まり込みOKなペットシッターが、オリーブシッターです。
対応エリアは現在拡大中で、東京都内だけでなく、首都圏をはじめ大阪や札幌にも支店を構えています。




≫≫ ペットシッター部門3冠達成!オリーブシッター ≪≪

泊まり込みOKなペットシッターとペットホテルの違い

夜間留守にする場合、ペットだけでのお留守番は不安じゃありませんか?
そんな時便利なのが、ペットシッターやペットホテルです。
家族や親戚、恋人などに頼めない場合は尚更です。
どちらも夜間のペットを安心して預けられる点では同じですが、何か大きな違いなどはあるんでしょうか??

ペットホテルの特徴

ペットホテルとは、ペットを預かってくれるサービスです。
動物病院に併設されていたり、ペットサロンが経営していたりします。

動物病院に併設されているペットホテルなら、体調変化があっても迅速な対応が期待できるので安心です。
ただしペットの世話は最低限で、あまり構ってはもらえません。
ペットサロンが経営しているペットホテルなら、ペットが快適に過ごせるサービスを実施しているケースもあります。
ただし、どちらにしても預ける時間帯が夜間の場合は、お世話の充実度はあまり関係ないとも言えます。

ペットホテルの特徴としては、「送迎が必要」「他の動物もいる」「ケージで過ごす」「夜間は無人になる可能性もある」です。

泊まり込みOKなペットシッターの特徴

ペットシッターは、専門資格を持ったペットのお世話のプロフェッショナルです。
自宅で世話をしてもらえるので、ペットにとってはストレスを感じにくく、安心してお留守番できます。
ただし泊まり込みOKなペットシッターは、決して多いとは言えない現状があります。

泊まり込みOKなペットシッターなら付きっきりで見てもらえるので、飼い主さんも安心できます。
場合によっては、その様子をリアルタイムで確認できたりもします。
お世話の内容やクオリティには優れますが、利用するためには事前登録が必要なほか、心理的なハードルが高い面も否めません。

泊まり込みOKなペットシッターのメリット

一晩中付きっきりで面倒を見てもらえる
体調が悪くなったときには病院に連れて行ってくれる
ペットとの留守番の様子を報告してもらえる

泊まり込みOKなペットシッターのデメリット

泊まり込みOKなペットシッター自体が少ない
自宅のカギを渡して家に入ってもらう必要がある
信頼関係を築いてからでないと頼みにくい
利用前に登録が必要
ペットの性格によっては不向きな場合もあり得る

泊まり込みでペットシッターをお願いする前に

突然ですが、これまでにペットシッターを利用したことはありますか?
まったく利用したことがないのに初めてでいきなりの泊まり込みは、三者ともに心理的なハードルが激高です。

もしも今後は泊まり込みOKなペットシッターにお願いしたいと考えているなら、まずは早めの準備をおすすめします。
つまり、信頼関係の構築です。

自宅のカギを預けたり、家に上がってもらったり、夜間の留守を任せたりって、ほとんど面識もない人だと抵抗を感じるんじゃないでしょうか?
でももし定期的にお世話してもらっていたら、飼い主さんだけでなくペット自身の安心感も高まります。
まずは日頃から利用して、お互いの信頼関係を築いてからがおすすめです。